DataCurrent ~3rd Party data~のご紹介

最終更新: 5月26日

あけましておめでとうございます CCI石原です。 2019年のスタートとともに、2019年1-6月のDataCurrent ~3rd Party data~をリリースいたしました。


本日はそのご案内をいたします。


■DataCurrent ~3rd Party data~とは

各分野の専門媒体から提供されるアクセスデータに加え、サイト会員登録情報や中小ECサイトでの行動をもとにセグメントを作成。


■特長 ・Cookie総数     4億UB ・モバイル広告ID数 1億ID ・参画メディア 50社(メディア名非開示) ・セグメント数  1600


■今期のリリーストピックス ・類推セグメントの拡充

データボリュームが求められる個人属性や企業属性の全セグメントに対して、類推セグメントを用意いたしました。案件内容に応じて、使い分けいただけます。

・エンタメセグメント強化

新セグメントとして俳優・女優・アイドルのセグメントを作成しました。

・位置情報セグメント追加 自動車ディーラーや空港、駅といった交通関連のセグメントを用意。

また位置情報セグメントの活用事例として、OOHの出稿と連動させたターゲティング配信をご紹介しております。


■データボリューム抜粋 ※cookie/Mobile ID 個人属性    9000万/7500万

企業属性    1300万/ 700万

興味関心   8000万/6300万

ライフステージ  3500万/3000万

利用店舗   300万/ 300万

購買行動   1500万/2000万



媒体資料のご依頼やご相談・ご質問がありましたら、 弊社担当もしくは本サイトの問い合わせアドレスにお問合せください。

5回の閲覧